1. Top
  2. » 築浅中古ワンルームマンション

ワンルームマンション投資のリスク【想定されるリスクを低減】

ワンルームマンション投資をするにあたっては、ワンルームマンション投資における「リスク」を十分に理解しておく必要があります。

ワンルームマンション投資のリスクの中でもっとも大きなリスクといえば、「空室リスク」です。
区分所有しているワンルームマンションが空室になれば当然、家賃収入はゼロになり、購入資金を金融機関から借り入れている場合は、返済や利息を自分でかぶらなければならなくなるため、ワンルームマンション投資 及び不動産投資にとっては「空室リスク」は最大のリスクになります。

そのほかに、ワンルームマンション投資で想定される十分に理解しておく必要がある重要なリスクには、

長期滞納リスク
流動性リスク

などがあります。


ワンルームマンション投資 最大のリスク!「空室リスク」

今後日本の人口は減少に向かうとされています。
世帯別にみてみると、もはや「単身世帯」が、「夫婦と子ども世帯」を抜いて、いま一番多い世帯になっています。しかしながら、日本の人口は東京を中心とした大都市に一極集中し、地方は過疎化が進む恐れがあります。
大都市の中でも人口の増えるところと減るところの二極化が進むと考えられるため、慎重にワンルームマンション投資をすることが求められます。
将来的に発展が見込めるエリアかどうかをよく事前にチェックしたほうが良いでしょう。

「空室リスク」を軽減する

空室がでないような優良物件を購入する
優良物件を保有するすることが空室リスクの最大のリスクヘッジとなります。

人気のあるエリアで物件を購入する
やはり東京都心のエリアは需用が見込めるのでおすすめです。

所有する物件数を増やす
リスクヘッジの基本は分散投資につきます。
保有する物件が10室あれば1室が空室でも90%は稼動しているので、保有物件が多いほど空室リスクは軽減されます。


2重・3重の損失の恐れ!「長期滞納リスク」

入居者が必ず毎月きちんと家賃を払ってくれるという保証はどこにもありません。
家賃を長期滞納したり、居座られたり、夜逃げされたりという問題が発生するリスクがワンルームマンション投資にはあります。
保有物件が1件しかない場合、そのダメージは100%になってしまします。
家賃滞納は経理上未収金という扱いになり売上として計上しなければいけませんので、課税対象になります。
マンションオーナーにとっては2重・3重の損失になってしまいます。

「家賃滞納リスク」に対処する

入居者審査を厳格にする
入居者審査のチェックポイント
職業と勤務先→会社員など定期収入がある職業かどうか
年収→年間家賃の4倍以上の年収があるかどうか
連帯保証人→親や親族などの保証人か保証会社
滞納発生時→遅延損害金を取るようにしておく


売却は簡単ではない!「流動性リスク」

不動産は流動性が低い投資商品です。つまり、売却したくても簡単に現金化できないということです。
売却しようと思い立っても実際に売却するまでには最低でも1~2ヶ月かかります。
売りたいタイミングで売ることができないリスクを「流動性リスク」といいます。



ワンルームマンション投資のリスクがいちばん少なく、賃貸効率が良い物件は、東京都内で築浅の中古ワンルームマンションの物件の中から選び、数物件保有することで、上記のようなワンルームマンション投資のリスクを低減できるのではないでしょうか。